another diary 日々のトピックス

another diary 日々のトピックスです


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/04 topics

> 20080104 diary

=> ORANGE RANGE、3月5日にニュー・シングルをリリース [bounce.com]
=> 中川翔子、ニュー・シングル“snow tears”を1月30日にリリース [bounce.com]
「墓場鬼太郎」のエンディング・テーマに決定
=> 西日本入管で20代インド人男性が自殺 前途悲観の遺書 [asahi.com]
=> 東証が急落 日経平均終値、前年末比616円安 [asahi.com]
=>八甲田でバスが転落 1人心肺停止、1人不明か 青森 [asahi.com]
=> 取り調べ受けた刑務官が自殺 名古屋拘置所 [asahi.com]
=>防衛省ネットワーク情報入りHD盗難 NTTコムから [asahi.com]
=>乙武さんに待望の赤ちゃん誕生 [asahi.com]
=>東証:大発会は景気減速懸念から全面安 一時765円安 [毎日新聞]
=>残酷箱根路…史上最多3校が棄権 過剰“演出”に警鐘も [産経新聞]
=> 台湾で空前の日本語ブーム アニメ・ドラマの流行で [asahi.com]
=>テロ警戒でパリ・ダカ全面中止 79年以来初めて [asahi.com]
=>【ヘッジファンド】 プーチン政権下で起こるロシアの「億万長者、誕生ラッシュ」 [moneyzine]
=>高級路線が当たる?エビスビール年間販売量、過去最高に [読売新聞]
=>三菱東京UFJ、システム統合でATMを年12回停止 [読売新聞]
=>三菱UFJ信託銀 統合作業初日からトラブル39件 [asahi.com]
=>住宅取得ローン控除、いつまでさかのぼってできますか? [読売新聞]
=>大株安、波乱の年明け 「景気の潮目か」指摘も [asahi.com]
=> イタリア発アモーレ!モトーレ! イタリア小ねずみ、大繁殖 [asahi.com]
=> 「エビと日本人 2」 (2) (岩波新書 新赤版 1108) 村井 吉敬 (著) []
■新赤版 1108■体裁=新書判・並製・228頁■定価 777円(本体 740円 + 税5%)■2007年12月20日■ISBN978-4-00-431108-9 C0236 「エビと日本人」から20年。
=> 書籍情報「エビと日本人II―― 暮らしのなかのグローバル化 ――」[岩波書店]
=> 新刊の紹介 前著から20年―エビは、私たちの食はどうなったか[岩波書店]
=> 紀伊国屋書店から購入
=> 村井 吉敬氏インタビュー:エビと自然破壊-収奪から共生へ[アットホーム(株)]
=> 「エビと日本人」 (岩波新書) 村井 吉敬 (著)[amazon.co.jp]

=> 「鉄道用語の不思議」 (朝日新書 88) 梅原 淳 (著) []
■ISBN:9784022731883■762円(本体価格)/ 800円(税込価格)■2007年12月13日発売■新書判並製■288ページ 未発表原稿を見る限りかなりマニアックな用語の由来解説書。
=> 書籍情報「鉄道用語の不思議」[asahi.com]
=> http://www.umehara-train.com/[著者サイト:未発表原稿等]
=> 紀伊国屋書店から購入

=> []
■ISBN:9784022731876■720円(本体価格)/ 756円(税込価格)■2007年12月13日発売■新書判上製■224ページ「多岐にわたる現代経済学のメニューを、七章に分けて、新鋭の研究者が懇切丁寧に解説。」
=> 書籍情報「わかる現代経済学」[asahi.com]
=> 紀伊国屋書店から購入
=> 教授 根井 雅弘(ねい まさひろ)[京都大学]
=> 紀伊国屋›¸店から購入

=> 「ウェブ時代の暗号―ネットセキュリティの挑戦」 (ちくま新書 (696))熊谷 直樹 (著) []
■定価:735円(税込)■刊行日: 2007/12/05■判型:新書判■ページ数:224■ISBN:9784480064028
=> 書籍情報「ウェブ時代の暗号」[筑摩書房]
=> 紀伊国屋書店から購入

=> 「哲学の誤読 ―入試現代文で哲学する!」入不二 基義 (著) []
■定価:903円(税込)■刊行日: 2007/12/05■判型:新書判■ページ数:304■ISBN:9784480064011 紀伊国屋書店徳島店にて購入。大学入試問題で取り上げられた哲学書を題材に、出題者、回答(解説)者、筆者自身そして入不二自身の誤読を丁寧に読みほぐしていくことで哲学入門本にしてしまった。
=> 書籍情報「哲学の誤読 ─入試現代文で哲学する!」[筑摩書房]
=> 入(いり)不二(ふじ) 基(もと)義(よし) / Irifuji Motoyoshi
=> 入不二 基義 (イリフジ モトヨシ)[青山学院大学]
=> 哲学の誤読[入不二基義のWiki]
=> 『哲学の誤読』入試問題の哲学的読み[G★RDIAS]
=> レビュー哲学の誤読[烏有亭日乗]
=>

=> 「哲学・航海日誌」野矢 茂樹 (著) []
■四六 ● 400頁■発行日:1999年4月■ISBN:978-4-393-32301-4 大変読みやすい、とっつきやすい哲学書です。正月に爆笑問題とテレビに出てたな。「哲学の誤読」第一章はこの本の第一章「他者という謎」から。
=> 書籍情報「哲学・航海日誌」[春秋社]
=> bk1から購入:レビューあり
=> 紀伊国屋書店から購入
=> 野矢茂樹『哲学・航海日誌』(春秋社)『論座』1999年7月号,pp.256-257.*大脳を適度に揺さぶられ,知的吐瀉を促す装置
=> レビュー『哲学・航海日誌』

=> 「転校生とブラック・ジャック 独在性をめぐるセミナー」 永井均 []
■出版社名:岩波書店■発行年月:2001年6月22日■価格(税込):2,940円■体裁=四六判・上製・カバー・212頁■ISBNコード:978-4-00-026585-0 (4-00-026585-7)■シリーズ名:双書現代の哲学 とにかくどの書でも哲学をしているひと。けして解説ではない。哲学的に考えている人。「哲学の誤読」第二章はこの書の終章「解釈学・系譜学・考古学」から。
=> 書籍情報[岩波書店]
=> 著者からのメッセージ[岩波書店]
=> 紀伊国屋書店から購入
=> レビュー『転校生とブラック・ジャック 独在性をめぐるセミナー』

=> 「時間論」 (ちくま学芸文庫) 中島 義道 (著) []
■定価:1,050円(税込)■刊行日: 2002/02/06■ページ数:260■ISBN:4-480-08683-8 ちくま学芸文庫のための書き下ろし作品。「哲学の誤読」第三章はこの書から。
=> 書籍情報[筑摩書房]
=> bk1から購入:レビューあり
=> 紀伊国屋書店から購入

=>「時は流れず」大森 荘蔵 (著) 青土社 []
■1996刊/4-6判/270頁■定価1890 円(本体1800 円)■ISBN4-7917-5484-0 
=> 書籍情報[青土社]
=> 『時は流れず』(大森荘蔵著 青土社)への批判的書評
=> 紀伊国屋書店から購入

=> 「ヘッジファンドの真実」若林 秀樹 (著) []
■出版年月日:2007-12-07■ISBN:9784862482167■版型:新書・ 288ページ■定価:本体 780円 + 税
=> 書籍情報[洋泉社]
=> 読書「ヘッジファンドの真実」[There is no free lunch]
=> 紀伊国屋書店から購入
=> 若林秀樹の「辛口市場主義」[日経BP]
=> レビュー『ヘッジファンドの真実』[精神科医が読み解く、ビジネス・投資・自己成長のヒントになる本]
=>

=> 「完全解読 ヘーゲル『精神現象学』」(講談社選書メチエ 402) 竹田 青嗣 (著), 西 研 (著) []
■著者: 竹田青嗣■著者: 西研■発行年月日:2007/12/10■サイズ:四六判■ページ数:340■ISBN:978-4-06-258402-9■定価(税込):1,785円
=> 書籍情報「完全解読ヘーゲル『精神現象学』」[講談社]
=> たいせつな本 ヘーゲル『精神現象学』 竹田青嗣(下)

=> 「ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者」ジョージ G.スピーロ (著),[]
■ISBN:978-4-15-208885-7■刊行日:2007/12/19■原題:Poincare’s Prize
=> 書籍情報[早川書房]

=> 「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」 (講談社現代新書) 内山 節 (著) []
■発行年月日:2007/11/20■ページ数:178■ISBN:978-4-06-287918-7 「転機は1965年だった!」「奥ゆかしい情報伝達」の消えた後に。紀伊国屋書店徳島店にて購入。内山節は「たかし」と読むことを今更知る。歴史とは国家史であり制度史だ。国民国家成立後の歴史は、劣悪な状態からよりましな状態へと国家がひとびとを導く過程を描きたがる。国家がほしがるのはそんな歴史像だ。キツネにだまされていた人々の日々の変わらぬ暮らしを扱っていては歴史は「前進」しないのである。かくして、「正当」な歴史からキツネとそれにだまされる人たちは取りこぼされていく。この本、最後は歴史哲学、歴史認識論が展開される。西洋史研究室の勉強会で使えると思った。
=> 書籍情報「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」[講談社]
=> 哲学者 内山節オフィシャルサイト
=> レビュー:中村うさぎ[読売新聞]
=> レビュー:三浦天紗子[日経BP]
=> 紀伊國屋書店から購入
=> なぜ日本人はキツネにだまされなくなったのか[「深」のめも]
=> 第7回 内山 節氏講演[掛川ライフスタイルデザインカレッジ]
=> 『なぜ日本人はキツネにだまされなくなったのか』[「深」のめも]

=>マネー診断Vol.3 「ゆとりある老後生活を送れるよう、資産運用を教えてください」 [moneyzine]
=>WRAPUP1: 大発会の日経平均株価は大幅安:識者はこうみる [ロイター]
=>経済に深刻な影響、6百億円余の株価損と ケニア騒乱 [CNN]
=> プログラミングのカルト宗派 [Slashdot]
=> プログラミングのカルト宗派 [Slashdot]
=>ブリグリ、初BEST決定!! [HMV]

> 2008/01/04diary
another diary
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akakit.blog15.fc2.com/tb.php/1057-8be2b3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。