another diary 日々のトピックス

another diary 日々のトピックスです


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「舊漢字 書いて、覺えて、樂しめて」萩野貞樹著

=> 「舊漢字(旧漢字) 書いて、覺えて、樂しめて」萩野貞樹著/文藝春秋 文春新書 []
■定価(税込):924 円■ページ数:320ページ■初版発行日:20070720■ISBNコ-ド:978-4-16-660579-8 まず「舊漢字」が「旧漢字」と読めないわけですよ。この新書自体の本文も旧漢字と旧かなづかいになってるそうです。
=> 書籍情報[文藝春秋:立ち読み]
=>
=> bk1:レビューあり
=> レビュー[サンロフトの本とテレビの部屋]
=> 舊漢字の魅力と戦後の国語政策の問題点-萩野貞樹氏に聞く[チャンネル桜]
=> レビュー:文人閑居して文字に遊ぶ[ART ACCESS]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akakit.blog15.fc2.com/tb.php/982-3d2e4df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。